浦安で整体、接骨院をお探しなら浦安せんだん接骨院へ。東西線浦安駅より徒歩3分。浦安市の中で頭痛・めまい・うつの自律神経症状の改善から、ぜん息・花粉症などのアレルギー症状の改善まで幅広くご対応する整体です。当院で扱う整体「妙見法活法整体」や「自律神経整体」で痛み・刺激の少ない施術を体験しませんか。たった1回で改善が期待できます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:047-352-6627
受付時間 9:00~20:00(休診日除く)
休診日 日曜日
公開日:2017年1月16日
最終更新日f:2017年4月27日 18:26

 この記事は約 3 分で読めます。

せんだん接骨院の治療術に「妙見活法」というものがあります。

柔道でも活法というものがあります。しかし柔道での活法は絞め技によって気絶した人間を起こす「蘇生活法」を指しま

す。

活法というものは、日本独自の「蘇生術」「治療術」ですが単独で生まれたわけではありません。

日本は歴史を紐解けば、江戸時代までは戦国の世の中でした。その時に組み付いた相手を倒すための武芸、また戦に勝つ

戦術・戦略の軸としての兵法などが各地で編み出され、それが各流派の武芸として発展していきます。

それとともに、戦で落馬や思わぬ怪我は当然あることで、戦力を失わないために味方の怪我の治療術も同時に生み出され

ていくのです。これが「活法」の歴史になります。 対する武芸は「殺法」という対局した名称となります。

 

私が習得している「妙見活法」は、中心術理が「妙見法術」といいます。

中心術理を、相手を倒す方に使えば「殺法」生かす方に使えば「活法」となり両方対極にあり切り離せないものとなります。

妙見とは北極星・北斗七星を指します。

始まりは、かの有名な平将門公が北斗七星から授かった術といわれております。そこから200年を経て、源頼朝公が鎌

倉幕府を開く際に大変尽力した現千葉県に所領をもった「千葉常胤公」に受け継がれます。

常胤公から数えて24代目の宗家が私の師匠である「千葉吉胤妙星先生」になるのです。ここに至るのに1000年の歴

史があります。

他の流派もそうですが、家伝の武芸・兵法などは公にされず一子相伝といって、数いる息子のそのうちの一人にしかほと

んど口伝(口伝え)でしか伝えられなかったそうです。これは隣国に情報が漏れないためにやむを得ないことでした。

しかし、一子相伝だと、その子が思わぬ事故・病死があったりと、現代の世で失伝(途中で伝えが途切れること)

している流派がほとんどであるという事です。

幸い、平将門公より伝承された「妙見法術」は「活法」「武芸」ともに現代まで継承された大変貴重なそして本物の術と

なっております。武芸では「妙見兵法桓武月辰流」という武芸が今の世に伝わっております。私も毎週稽古に参加してお

ります。

色々「武芸活法」「武道活法」と表記している治療院があり、患者さんからも同じ系列ですか?とご質問を受ける

ことがありますが、どこを見てもどういう流派の活法だか名乗っておらず、中には妙見活法の基礎の内容をつまんで、さ

も自分で開発したと公言しているところが多々あります。

そういう流派を名乗っていないところは、当院と全く関係はございませんのであしからず。

 

 

 

 

 

 

この記事のキーワード

この記事の著者

浦安せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
浦安せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
記事一覧

著者一覧