浦安で整体、接骨院をお探しなら浦安の伝統療法【せんだん接骨院】へ。東西線浦安駅より徒歩3分。浦安市の中で頭痛・めまい・うつの自律神経症状の改善から、ぜん息・花粉症などのアレルギー症状の改善まで幅広くご対応する整体です。当院で扱う整体「妙見法活法整体」や「自律神経整体」で痛み・刺激の少ない施術を体験しませんか。たった1回で改善が期待できます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:047-352-6627
受付時間 9:00~20:00(休診日除く)
休診日 日曜日
公開日:2017年6月14日
最終更新日f:2017年6月16日 16:35

 この記事は約 4 分で読めます。

保険治療の整体・整骨院・接骨院と自費治療の整体・整骨院・接骨院、どこが違うの?

保険治療の整体と自費治療の整体の違い
整骨院や接骨院で行われる施術には、健康保険が適用されるものとされないものがあります。

整骨院や接骨院は一般的には整体やマッサージとは異なり、施術を行うためには柔道整復師という国家資格保険が必要です。

そのため骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲といったケガや交通事故治療は保険の適用範囲内のケガとして健康保険を利用することができます。

実際、健康保険施術は金額面だけ見ると安く済ませられるので患者さんにとっては優しい制度と言えるでしょう。

保険治療のデメリットは?

自費治療のデメリット
一方で保険治療のデメリットとしては事故やケガの治療にしか保険は適用されないということがあげられます。

日常の疲れなどから来る慢性の腰痛などは保険が使えないので、痛みを根本から解決したいというような場合には逆にこの保険の適用範囲がネックとなってしまって行える施術の範囲が狭まってしまいます。

そのため整骨院や接骨院の中にはあらかじめ保険治療は行わない、と断っているところも少なくありません。

自費治療(自費施術)とはどのようなもの?

では、保険が適用されない自費治療(自費施術)とは一体どういうものでしょうか。

自費治療(自費施術)のデメリット

自費治療(自費施術)のデメリットとして挙げられるのは、まず1回の金額がどうしても高くなってしまうことです。

すでに保険の適用内の施術で十分満足しているという人はあえて自費治療(自費施術)を選ぶ必要はないでしょう。

自費治療(自費施術)の方が結果として安い!?

しかし、いくら施術に通っても一向に効果が得られないという人は自費治療(自費施術)を受けてみることをおすすめします。

実際、いくら安いからといって根本の変わらないその場しのぎの効果のあまりない保険治療を長く続けるよりは、自費治療(自費施術)を選択して根本から早く良くなる方が結果的には安く済むことになるからです。

また自費治療(自費施術)を行っている接骨院や整骨院の先生は人によってはとても人気があり、なかなか予約が取れないということもあります。

好きなときにすぐ施術を受けたい、という人にはあまり向かないかもしれません。

自費治療(自費施術)の最大のメリット!

自費治療のメリット
とは言え、自費治療(自費施術)の大きなメリットとしては、施術の幅が広がることで様々な施術を受けることができるということが挙げられるでしょう。

その内容や効果に関しては、保険治療よりも質の高い施術を受けられる可能性が高いと言えます。

保険治療よりも質の高い施術を受けられるのはなぜ?

自費治療の整体は質の高い施術を受けられる
多くの接骨院や整骨院では施術を行う前に丁寧なカウンセリングを行い、まず本質的な原因を突き止めてから施術を行います。

事故やケガによる痛みではない場合、日常生活の癖や筋肉の硬さ、関節の動きなど様々な原因を総合的に判断する必要があるためです。

これは決められた施術を流れ作業的に行わなければならない保険治療との大きな違いです。

また自費治療(自費施術)の場合は法的に医療行為に当てはまらなければある程度自由に施術ができることも大きな違いと言えます。

そのため自費治療(自費施術)を行っている整骨院や接骨院の先生の多くは日ごろから技術や知識に対する向上心が強く、その分患者さんも満足度が高くなる傾向にあります。

もちろんこれは施術する先生にもよりますので中にはそうでない先生もいるかもしれませんが、あらかじめできる範囲が定められている保険治療を専門に行っている先生と、患者さんのためにできる限りのことをしてあげられる自費治療(自費施術)を行っている先生とどちらの方が新しい技術や知識を貪欲に取り込もうとしているかを考えると、やはり自費治療(自費施術)を行っている先生の方が向上心が高いと言えるのではないでしょうか。

保険適用の整体院でも自費治療をメニューに追加している傾向がある!

保険が適用できる接骨院や整骨院でも、最近では自費治療をメニューに加えているところが増えてきています。

それには様々な理由がありますが、「治療技術を高く保つため」というのもその理由の一つです。

もちろん、保険の適用内での施術のみで肩や腰などの痛みが解消されればそれがベストでしょう。

ただ、もしもそれでは一向に効果が得られない、という場合には自費治療(自費施術)について検討してみるのがおすすめです。

この記事のキーワード

この記事の著者

浦安の伝統療法せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
浦安の伝統療法せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
記事一覧

著者一覧