浦安で整体、接骨院をお探しなら浦安の伝統療法【せんだん接骨院】へ。東西線浦安駅より徒歩3分。浦安市の中で頭痛・めまい・うつの自律神経症状の改善から、ぜん息・花粉症などのアレルギー症状の改善まで幅広くご対応する整体です。当院で扱う整体「妙見法活法整体」や「自律神経整体」で痛み・刺激の少ない施術を体験しませんか。たった1回で改善が期待できます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:047-352-6627
受付時間 9:00~20:00(休診日除く)
休診日 日曜日
公開日:2016年11月15日
最終更新日f:2017年4月26日 19:25

 この記事は約 2 分で読めます。

慢性的な腰痛、ぎっくり腰の様な急性的な腰痛、いずれもマッサージは無意味です。

一般的な治療院は硬い筋肉、凝っている筋肉が悪いのでそれを柔らかくするという目的でほぐしていると思います。

ではなぜ筋肉が硬くなるのかを考えなければいけません。

当院ではその理由をこう考えます。

1、内臓反射によるもの

内臓特に腎臓の機能低下が影響を受けやすくなります。腎臓が疲れてくると、腎臓に関連する腰の筋   筋肉が緊張を起こします。そのため外からいくらほぐしても、内臓そのものの機能をあげてあげないと意味がありません。

2、背骨・骨盤のゆがみによるもの

背骨・骨盤がゆがむと、当然背中に左右対称に付いている筋肉は捻じれを起こします。そのねじれに引っ張られないように防御反射としてかたくなります。表面的にどんなにそこをマッサージをしても、そのねじれを解除できていなければなんの意味もありません。

これらの理由が腰痛・ぎっくり腰の大半の理由となるためにマッサージは不必要となるのです。

これらの原因が解除されれば、コリは揉まなくても自然に柔らかくなるものです。

当院の腰痛治療は、これらの根本となる原因を解除しますのでマッサージやボキボキ鳴らす治療を全く必要としないのです。

この記事のキーワード

この記事の著者

浦安の伝統療法せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
浦安の伝統療法せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
記事一覧

著者一覧