浦安で整体、接骨院をお探しなら浦安の伝統療法【せんだん接骨院】へ。東西線浦安駅より徒歩3分。浦安市の中で頭痛・めまい・うつの自律神経症状の改善から、ぜん息・花粉症などのアレルギー症状の改善まで幅広くご対応する整体です。当院で扱う整体「妙見法活法整体」や「自律神経整体」で痛み・刺激の少ない施術を体験しませんか。たった1回で改善が期待できます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:047-352-6627
受付時間 9:00~20:00(休診日除く)
休診日 日曜日
公開日:2017年1月26日

 この記事は約 2 分で読めます。

自律神経の働きを低下させる要因として、「気温 気圧」の問題が挙げられます。

気温で言いますと、脳の最適温度は 18度~23度といわれています。

この温度間で自律神経が快適に働ける温度となります。

そうなると、夏場の30度~35度の温度はもはや限度を超えた気温とも言えます。

夏バテ・夏風邪は連日の高い気温で自律神経が極度疲労状態になってしまった状態です。

また上空で低気圧が張りだすと、体全体にかかる圧力が弱まるため、体全体が膨張します。

頭蓋骨も全体に大きく膨張いたします。

その時は内部の圧力が上昇しているのです。

その為、天気が悪いと頭痛・めまいなどの症状が発症するわけです。

地球上に生きている以上、この影響は免れることが出来ませんが頭蓋骨が柔軟な状態を維持出来ていると、

圧力を逃がせる骨となるので、低気圧が張り出しても圧力が上がらないのです。

また当院で指導している自宅ケアでも頭の圧力を下げることが出来るので、自分で頭痛・めまいなどから回避できる

訳です。

 

この記事のキーワード

この記事の著者

浦安の伝統療法せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
浦安の伝統療法せんだん接骨院(院長:栴檀芳之)
記事一覧

著者一覧